サイトもシューズも軽ければ軽い方が良い。ららぽーと富士見のBODYMAKERが良かった話。

bodymakerシューズ

今日は久しぶりに6歳の娘と、地元、ららぽーと富士見に出かけてきました。

1年ぶりに行ったので、少し店舗の入れ替わりもあって新しい店舗が出来ているな~という印象です。

その中で、ふと、1,000円+税という大きな赤札に惹かれて入ったお店が、ボディメーカー(BODYMAKER)。

ボディメーカー(BODYMAKER)というブランドはご存知でしょうか。

全てのアスリートのための日本発スポーツブランド 

ボディメーカー(BODYMAKER)は、1999年に設立され大阪府吹田市に本社を置くボディメーカー株式会社(BODYMAKER)旧株式会社BB-SPORTSが運営するスポーツ・アパレル総合ブランド。
主にトレーニングウェアをはじめとして、トレーニング用品、フィットネス用品、格闘技用品などの製造・販売を行っている。

Wikipediaより

私は知りませんでしたが、どんな会社か色々と知りたくなり、Google検索で調べました。

4,800円のジョギングシューズが1,000円でセールしてた

なぜ、知りたくなったかというと、意外性が高かったからです。

なかなかオシャレで良さそうなランニングシューズが1,000円で売っていたから。

そして、「日本発スポーツブランド」というキャッチフレーズに惹かれたからです。

これは、NIKEやPUMAに対抗しての言葉でしょうか。真意は分かりません。

足にフィット。ちょっと裸足で歩いているみたいな感覚。

店頭で試着しました。

軽いし、フィットするので、思わず裸足で地面を掴んでいる様な感覚になります。

という事で購入し、自宅に帰ってから早速履いて歩いた感想は、

もっと歩きたい!そんな気持ちになりました。

歩いたり、走ったりする事が楽しくなる靴。素晴らしいですね。

予想以上の喜びや感動を体験すると人に誰かにシェアしたくなる

定価4,800円のところ、販売価格1,000円

そして、安かろう悪かろうの予想を覆すクオリティーの高さ。

これは、少し嬉しい体験でした。なので、シェアしたいと思い、この記事を書きました。

人間は、予想以上のうれしさを感じると、誰かに話したくなるという本能があるのではないかと思います。

シェアしたいと思う気持ち、きっかけ、興味について改めて体験できました。

日常の実体験は、ウェブマーケティングを自ら体験でき、とても勉強になりますね。

bodymakerシューズ

ちなみに、この様にネットで調べると1,000円が実際の販売価格の様ですね。

色も6色位あって、サイズの幅も広いので、良かったら試してみてはどうでしょうか。

実際に4,800円の価値はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です